育毛剤情報をざっくりまとめてみました
育毛剤情報をざっくりまとめてみました
ホーム > 注目 > 昔からあった薄毛

昔からあった薄毛

戦国時代を生きた方、戦争時代を生きた方、突然ですが貴方達は自らの髪の毛が薄くなっていくことに悩みを感じていましたか?そんな暇はありませんでしたよね。生きる為だけに精一杯だったはずです。今の時代では、自分の姿を鏡でマジマジと見つめ、ごく自然な老化現象である薄毛に悩み治療をする男達がいるんです。そして自分もそんな男の一人です。現代の医学では【AGA】と呼ばれ、改善薬まで誕生したんですよ。

そもそも男性は、狩りをしていく為、子孫を増やす為、いわゆる「闘っていく」に必要な筋肉や骨格、闘争心や競争心。そして男性としての一番の目的である「種を蒔くのに必要な性的能力」を維持していかなければなりません。体がそれを本能的に知っているので、髪の成長なんて二の次。「闘っていく能力」を保つ為に、髪はさほど必要でないことから、老化と共に薄くなっていくのはごく自然な原理だから仕方がない。と、昔の男達は言いたかったはずですよね。

 

 現時代は、とても知識に溢れ便利です。そして「美」にもうるさい時代なんです。たかが薄毛なだけで、通称「ハゲ」というレッテルを貼られたり、そこから虐めが生まれたり。

 暇なんです...きっと。貴方達のいた時代からそのような風潮はありましたか?貴方達も薄毛を改善できるものなら改善したいと思っていましたか?

 貴方達のいた時代からすると、現時代は理解し難いかもしれません。

それでも昔は昔、今は今です。自分はどこか貴方達寄りの考えを持っているので、「薄毛」は自然な老化現象と認識しています。それでも改善するなら...と根気よく治療してますが、一向に結果の出ない治療をいつまでも女々しくやっている自分を貴方達が見るに耐えかねたら、どうぞ「いつまでもそんなクダラナイことに拘り続けているでない!!」とお叱りください。そして、潔く私に諦めを決意させる止めを刺してください。

現時代の文明の力「育毛剤」→育毛剤は効果あるの?どのぐらい続ければいいの?